あなたの会社の発展サポート!電話代行の選び方を紹介

電話代行・電話秘書サービスフル活用ガイド » 電話代行を多く利用している業種一覧

電話代行を多く利用している業種一覧

業種で違う電話代行サービスの内容

電話代行サービスは、業種や事業所の規模を問わず、さまざまなところで活用されています。

なかには、専門用語の多い業種向けのサービスや、電話応対以外にもその業種ならではの特別な作業も手伝ってくれるサービスなどを展開している電話代行会社もあります。

ここでは、電話代行会社がどのようなサービスを提供しているのかを、業種ごとに紹介いたします。

士業(弁護士・税理士・司法書士など)

士業の方は、個人で経営されているところも多いと思います。外出先での電話応対も日常茶飯事。どうしても出れないときのために電話番のスタッフを雇ったものの、専門用語が多くて、結局かけ直さなければいけない…そんな経験もあるのでは。

電話代行サービスでは、各業種の専門用語を熟知したオペレーターが対応するため、要件まで的確に聞き取ってくれます。緊急性の高い用件のみ転送するなどの対応も可能で、よりいっそう業務へ専念できるようになります。

士業が電話代行を利用するメリットについて詳しく見る

ネットショップ・通販

電話代行サービスを利用するメリットのひとつは、電話番号を貸し出してくれること。注文はオンラインであっても、電話番号の記載がないショップに不信感を持つユーザーが多いのも事実ですから、信頼性アップや売り上げアップも期待できます。

また、電話注文をオペレーターが聞き取り注文フォームに打ち込んでくれたり、ユーザーからの問い合わせやクレームの一次対応をしてくれたりする代行会社もあります。

ネットショップ・通販が電話代行を利用するメリットについて詳しく見る

不動産事業

物件の案内中に別の顧客から電話がかかってきて、案内を中断させてしまう…。少人数で経営している事業所なら、こんな経験もあるでしょう。

電話代行サービスを利用すれば、空室状況確認の問い合わせ応対や、図面をメールやFAXで送信してくれるといったサービスも展開しています。また、入居者からの問い合わせ対応についても一次対応してくれる代行会社もあります。

不動産事業が電話代行を利用するメリットについて詳しく見る

外資系企業

取引先は日本企業が多いとはいえ、海外の本社からの連絡や海外取引先からの連絡も増えてくるかもしれません。英語が話せる社員がいるとはいえ、その人たちが全員外出などで不在のときに海外から電話がかかってきたら。そんなときに、英語対応ができる電話代行サービスが活躍します。

ビジネス英語に精通しているオペレーターが、代表電話の取次ぎや海外取引先からの問い合わせなど、的確に対応。スピーディーかつフレキシブルな業務に貢献してくれます。

外資系企業が電話代行を利用するメリットについて詳しく見る

ページの先頭へ