あなたの会社の発展サポート!電話代行の選び方を紹介

電話代行・電話秘書サービスフル活用ガイド » 電話代行を多く利用している業種一覧 » 外資系企業など英語を使用する企業

外資系企業など英語を使用する企業

外資系企業は英語対応の電話代行会社を

日本市場に参入する外資系企業が増えています。

外資系企業のなかには、英語を必須スキルとしている企業もありますが、取引先のほとんどが日本法人であることから英語が話せなくても採用している企業も多いと思います。

とはいえ、海外の本社では英語が公用語。グローバル化が進むなかで、海外からの連絡も増えていくでしょう。

社内に英語が話せるスタッフが常にいれば問題ないですが、外出などで対応できる人がいないときに急ぎの要件が電話でかかってきたら…。ビジネスに何らかの影響が出るかもしれません。

そこで利用したいのが、英語対応ができる電話代行サービス会社です。

英語が話せる社員が不在時にかかってくる海外からの電話を、代行業者が代理応答。代表電話の取次ぎ、海外取引先からの問い合わせ、注文受付など、ビジネス英語に精通しているオペレーターが対応します。

外資系企業に限らず、海外に支社を置く企業やこれから海外進出を検討している企業にとっても、電話代行サービスは大いに活躍してくれることでしょう。

外資系企業が電話代行を利用するメリット

新たな人件費を抑えられる

電話対応のために、英語が話せる人を雇用するとなれば人件費がかかります。

電話代行会社であれば、月々数万円程度の経費で抑えられるので経費削減につながります。

スムーズなビジネス展開に貢献

電話代行会社で受けた内容を、英語が話せる担当者に転送したり、メールで連絡したりすることも可能です。

担当者の帰社を待つよりスピーディーな対応ができることから、海外本社や取引先などからの信頼もアップすることでしょう。

ビジネスチャンスの拡大も期待

海外の取引先からの連絡に対し、あやふやな英語での対応は相手からの信頼を失います。その連絡が急ぎの新規案件だとしたら、ビジネスチャンスを失うことにもなります。

電話代行サービスを利用すれば、こうしたチャンスを逃さずに済みます。オペレーターは、英語はもちろん、高いビジネススキルを持った方が対応しますので、海外取引先ともスムーズなコミュニケーションが図れます。

英語対応の電話代行業者を選ぶために

英語など外国語に対応できる電話代行業者のなかには、十分なビジネス電話の応対スキルどころか語学力すら持っていないところもあるようです。

もちろん、こうしたスキルチェックを独自に設け、厳しい検査にクリアしたオペレーターのみに対応させている企業もあります。

代行業者のサービス品質についても、チェックして選ぶようにしましょう。

ページの先頭へ