あなたの会社の発展サポート!電話代行の選び方を紹介

電話代行・電話秘書サービスフル活用ガイド » 電話代行を多く利用している業種一覧 » 士業(弁護士・税理士・司法書士など)

士業(弁護士・税理士・司法書士など)

法律事務所(弁護士)の電話代行活用術

弁護士の方が電話代行サービスを利用するいちばんのメリットは、顧客に安心感と信用を与えてくれることでしょう。

電話応対も、顧客からの信用に直結する重要なファクターです。特に新規顧客に対しては、誠実かつ正確な対応をすることにより、信用が増します。

こうした点から、弁護士事務所ではクオリティの高い対応ができる電話代行サービスを選ぶことが重要なポイントといえます。

会話内容には専門用語が含まれることもあるでしょうから、弁護士ならではの専門用語を熟知したオペレーターのいる電話代行業者を選ぶことも大切です。

また、外出中に公判日程のスケジュール調整や事件番号の確認などの連絡を受け、メモを書いたり確認したりといった手間を省けることも、電話代行サービスを利用するメリットです。

公認会計士・税理士の電話代行活用術

顧客先など外出の多い公認会計士や税理士。特に決算期や年末には、多くのクライアントから電話がかかってきて、対応に苦慮されている方も多いのではないでしょうか。

また、顧客先で打ち合わせ中に別の顧客から電話がかかってきて、打ち合わせが中断するという経験もあるのでは?

そんなときに、電話代行サービスが生かされます。業者によっては、繁忙期には対応時間が伸ばせたり対応件数を増やせるなど、フレキシブルなサービスを提供しているところもありますので、こうした対応力も業者選びのポイントといえるでしょう。

もちろん、オペレーターの品質、税務用語への対応なども見極める必要があります。

司法書士・行政書士の電話代行活用術

司法書士や行政書士も、市役所や法務局など外出が多い職業でしょう。債務整理相談があれば、消費者金融への問い合わせに奔走することもあるかと思います。

電話代行サービスでは、外出中にかかってくる大切な電話の受電はもちろん、急ぎの要件か否かもオペレーターが判断してくれるので、よりいっそう業務へ専念できるようになります。

弁護士や公認会計士と同様、質の高い対応力と専門用語が多い業界ですから、こうした対応があるかどうかも業者選びのポイントとなってきます。

高品質の電話代行業者を選ぶために

士業向けの電話代行サービスを展開している業者は、クオリティの高いサービス提供をうたっています。とはいえ、どのクオリティがどれだけのものなのかは、実際に利用してみなければわからないものでしょう。

電話代行業者のなかには、「お試し期間」として導入前に数週間から1か月ほど試せるところもあります。高いクオリティを保証している業者を選びたい方は、こうしたサービスを活用してみてはいかがでしょうか。

ページの先頭へ