あなたの会社の発展サポート!電話代行の選び方を紹介

電話代行・電話秘書サービスフル活用ガイド » 電話代行を多く利用している業種一覧 » 不動産事業

不動産事業

不動産会社が電話代行を活用するメリット

1本の電話が、大きな売上をもたらすこともある不動産業界。

しかし、少人数の会社や起業したばかりの会社だと、例えば物件案内中に新規の電話がかかってきても対応できないなど、電話応対が後回しになることもあるでしょう。

こうした取りこぼしをフォローしてくれるのが、電話代行サービスを活用するメリット。

急ぎの電話は携帯電話に転送、そうでない電話はメールで連絡など振り分けてくれるので、接客中に中断することも少なくなります。

また、対応するオペレーターは接客マナーの訓練を受けたプロですから、応対も丁寧。顧客や同業者からの評判も良くなり、お店のブランディングや売上アップも期待できます。

電話代行サービスの内容

物件案内代行

空室状況の確認、図面のメールまたはFAX送信など、顧客から物件に関する情報を求められたときに、オペレーターが対応してくれます。

また、来店予約の受付も対応してくれます。

業者からの問い合わせ対応

同業者からの問い合わせにも対応できる電話代行サービスもあります。

空室状況の確認、物件資料の送付、入居申込書の請求対応など、事務レベルのことを代理でやってくれます。

また、不動産ポータルサイトなどからの問い合わせ対応などもしてくれる電話代理サービスもあります。

入居者からの問い合わせ対応

入居者からの問い合わせについても、一次的に対応しているサービスもあります。

例えば、未納賃料の問い合わせ、トラブルなど緊急の電話などについても対応している電話代行会社もあります。

24時間対応の電話代行サービス会社には、営業時間外の緊急トラブル時にメンテナンス会社などへ連絡してくれるところもあるようです。

信頼できる電話代行業者を選ぶために

電話代行サービス会社のオペレーターは、自社の一員として活躍してくれるわけですから、電話応対はもちろんマナーなどについてもしっかり教育されている会社を選ぶことが重要です。

品質の高さをうたう会社もたくさんありますが、実際に利用してみないことには本当に教育されているオペレーターかは、わからないでしょう。

電話代行業者のなかには、「お試し期間」を設けて導入前に一定期間試せるところもあります。こうしたサービスを活用して、実際に導入するか検討するのもよいでしょう。

ページの先頭へ