HOME » 会社のイマから選ぶ電話代行業者 » 海外からの問い合わせに対応するプランを選びたい

海外からの問い合わせに対応するプランを選びたい

海外へ進出している企業や、海外企業との取引を予定している会社などにおすすめの、英語対応ができる電話代行プランを紹介します。

英語での対応が業務拡大で活きる!

現在はインターネットの普及によって、起業したばかりの小規模な会社でも積極的に海外との取引が可能となっています。海外との取引を考えている経営者の方は、英語対応ができる人材の確保が必須です。

しかし、まだ会社規模が小さい場合は、1人雇い入れるのも大変です。さらに英語ができる人材となると、探すのも雇用し続けるのも難しいでしょう。

そんなときに、英語で初期対応ができる電話代行で簡単な受注までお願いできれば、後は多少の英語スキルがあれば対応できるもの。英語対応の電話代行は業務拡大を大きくバックアップしてくれるサービスであると言えますね。

発音まで気を配ろう

英語での電話応対で重要なのは、発音です。

電話対応してもらう相手の日本語が、妙になまっていたら、不信感を抱いてしまいませんか。

顔の見えない相手ですので、情報は声と言葉しかない。ここに注力するのは、もはや企業の電話応対としては当たり前とも言えます。

外部へ電話代行を委託するのであれば、発音までしっかり教育している業者へお願いしましょう。

スキルを持ったスタッフが電話対応、CUBE電話代行サービスの「英語対応プラン」

CUBE電話代行サービスの特徴

月額のみで充実したサービスが受けられるCUBE電話代行サービスのHPキャプチャ
画像引用元
CUBE電話代行サービス公式サイト
(https://www.cube108.jp/)

CUBE電話代行サービスの「英語対応プラン」は、ネイティブによるスキルチェックを受けたスタッフが担当しますから、安心して電話対応をお願いでき、海外との取引も不安なくチャレンジできます。

月に30コール程度なら月額10,000円で依頼でき、社名による基本対応はもちろん、電話による即時連絡やメールによる連絡、クレームの一次対応までお願いできます。基本サービスだけでも、かなり利用価値の高いプランとなっています。

基本料金に含まれているサービスが充実していて、良コストパフォーマンス・ハイクオリティなサービスを提供。オペレーターの対応時間は平日9時~18時と長く、入電時はメールや電話で即時連絡してくれますし、内線感覚でお客様と通話できる応答後転送も基本サービスに含まれています。

セミナーなどの簡単な受付であれば基本料金内で対応可能ですから、オプションを追加する必要がほとんどありません。

英語対応プランの詳細
月額料金 10,000円・15,000円・25,000円(税抜)
コール回数 30回・50回・100回
オペレーターの対応時間 月~金:9時~18時
サービス内容
  • 社名+個人名対応
  • 基本対応
  • 在籍者登録
  • 応答後転送
  • クレーム一次対応
  • 応答後転送
  • 即時電話連絡
  • 即時メール連絡
  • 時間外アナウンス ※共用アナウンス・英語有
  • 連絡先登録(1人)
  • ホットライン(内容の伝達サービス)
  • 会話録音送信サービス

利用者の口コミ

  • 従業員3人のみの小さな工場を経営していますが、海外との取引を開始することになり、急に英語スキルが必要となりました。日常的に海外からの電話をとることが多くなり、工場の作業中に電話を取ってあたふた…。CUBE電話代行サービスにお願いしてからは、英語の電話に不安がなくなったばかりか、仕事にも集中できるようになって助かっています。(40代・男性・製造業)
  • 海外から商品を輸入する商社なのですが、従業員が少なくて全員外出していることも多いため、電話対応ができないのが悩み。こちらの英語対応プランは月10,000円からお願いできると聞いて、即お願いすることにしました。会社にかかってくる電話はそれほど多くないのですが、確実に英語で対応してもらえるため、安心して外出できます。(30代・女性・商社)

そのほかのプラン

ライトプラン 月50コールで月額10,000円。
標準プラン 月100コールまで月額15,000円、200コールまで月額30,000円。
他のプランも見てみる
とにかく格安プラン 高品質でリーズナブルプラン 大規模コールセンタープラン

 

※このサイトは、2016年4月時点の情報を個人がまとめたサイトです。
 最新の情報などは、各業者の公式ホームページをご確認ください。
  • 会社に合った電話代行プラン
  • 会社のイマから選ぶ電話代行業者
  • 6つのポイント
  • 電話代行サービスを徹底比較