あなたの会社の発展サポート!電話代行の選び方を紹介

電話代行・電話秘書サービスフル活用ガイド » 電話受付代行を検討するなら見てほしいチェックポイント » 業者の選び方と注意点

業者の選び方と注意点

電話代行サービスを行っている会社は、大阪や東京の大都市圏を中心にたくさん存在しています。多くは良心的な会社なのですが、中には質の悪いサービスを提供している業者もあるようです。業者選びの際にチェックすべきポイント、注意点を解説しましょう。

低価格だけを売りにしている会社は要注意

電話代行会社を比較検討していると、『月額わずか○○○円!』などと価格が安いことを謳った代行会社をよく見かけます。どんな商品を購入するときでも、値段が安いなら安い理由をきちんと知っておかなければなりません。

電話代行サービスには、スタッフをそろえるための人件費やスタッフの教育が必要ですから、本来はコストがかかるもの。そこを安い料金で提供するために、何らかのサービスを削減している可能性が高いのです。

例えば、月額の基本料が安いプランの場合、基本サービスが最小のものだけに限定されており、中には入電した際の電話連絡さえオプションとなっているプランも。希望のサービスが基本料金に入っていないときは、別料金のオプションサービスを追加しなければなりません。

低価格であることを大きく宣伝している会社は、サービス内容まで細かくチェックしないと、かえって高額になってしまう危険性があります。

オペレーターのスキルは自分の耳で確かめよう

オペレーターの対応は実際に耳にしてみなければ確認できません。代行業者の中には、『オペレーターが秘書スキルを身に着けている』だとか、『電話応対の教育を受けている』といったことを宣伝しているところもありますが、秘書スキルの基準や電話応対の教育内容は会社によって様々。

オペレーターのスキルが高いかどうか、自分の求める基準に達しているかどうかは、自分で確かめるしかないのです。

良心的な代行業者は、10日間無料でお試しできるキャンペーンを行っていたり、1ヶ月試してみて気に入らなければ料金を返金する、といったサービスを行っているところもあります。それらのサービスを利用して、まずは自分の耳でオペレーターの電話応対を確認しておきましょう。

自分に必要なサービスだけを見極めよう

電話代行業者は、9時から17時までの電話代行だけでなく、様々なサービスを用意しています。365日24時間応対してくれるサービスや、英語で対応してくれるサービスなどもありますから、業務に必要なものを選択することになるでしょう。

それらのサービスは大概オプションとして追加することになりますが、「あれも、これも」とお願いしていると、高額な料金を支払うことに…。代行業者もそれを狙って、いろいろなサービスを提案してきます。セールストークに流されず、本当に必要なサービスだけを見極めることが重要です。

社員教育の有無もチェックしよう

電話代行業者の中には、オペレーター業務未経験のスタッフを採用しているところもあります。もちろん未経験者でも、しっかりした社内教育があれば一人前のオペレーターとして活躍できます。

しかし、こうした教育制度を設けていない業者があるのも事実。中には、未経験のアルバイトスタッフにマニュアルだけを渡してオペレーター業務をさせているというところもあるようです。

業者選びの際には、できればオペレーターは全員社員がやっている会社を、またホームページなどに教育制度について掲載されているところを選ぶのも、一つのポイントでしょう。

電話代行会社選びの失敗例…会社選びは慎重に!

こちらでは、実際にあった電話代行会社選びの失敗例やあなたにぴったりの会社を選ぶ上で役立つ情報をご紹介します。 これからご紹介するのは、電話代行会社選びで実際にあった失敗例です。

オペレーターの対応がずさん

電話対応で、その会社の印象が決まってしまうと言っても過言ではありません。

きちんと対応してくれる代行会社を選ばなければ、大切なビジネスチャンスを逃してしまうことにもなりかねません。

例えば、オペレーターが入ったばかりの新人で教育が行き届いなかったためにお客様からオペレーターの電話対応が悪いと指摘されることがあったようです。

また、依頼主側が代行会社の電話対応に疑問を感じ自分で電話をかけてみたところ、折り返し電話をして欲しいと言われたこともあり、信じられないことにお客様からの電話も同様に対応していたようです。

電話が繋がらない

料金設定を相場よりもかなり低く設定している会社はオペレーターの数が少なく、電話がほとんど繋がらなくなってしまうということがあります。
これでは、折角電話代行会社に頼んでも全く意味がありません。
例をあげると、かけ放題プランで月額5000円と安かったので申し込んだのだが、お客様から電話が全く繋がらないというクレームの連絡が入り、試しに依頼主側が自分で代行会社に連絡をしてみたところ、お客様がおっしゃった通り全く繋がりませんでした。
そのため、商談がいくつかだめになってしまい最終的には数十万円の損失が出てしまった例もあるようです。

高額請求された

代行会社によっては基本料金とは別に様々なオプション料金が設定されているため、知らずに利用して高額請求されたというケースは少なくありません。契約するにあたり、その内容や料金設定などをよく確認しなければなりません。
例えば、一番費用が安い基本プランを選んでいたはずなのに、気が付いたら1か月の請求が11万円になっていた。契約内容を確認したら、基本料金とは別に電話が代行会社に転送された時点で1分60円以上のサービス料と電話代の実費で高額請求されてしまっていた。などのこともあります。

失敗例から学ぶ!あなたにぴったりの会社を見つけるコツ

電話代行会社は沢山ありますので、その中から目的や予算などが合った電話代行業者を見つけるのは簡単ではありません。 そこで失敗例から学ぶ、あなたにぴったりの電話代行業者を見つけるコツについてご紹介します。

信頼度の高い会社を選ぶ

代行会社選びの失敗例の中でも特に多かった「代行会社やオペレーターの対応がずさんでお客様に迷惑がかかってしまう」という事態を避けるために、代行会社の方針がきちんとしていて質の高いオペレーターが揃っている信頼度の高い会社を選ぶことが大切です。
信頼度の高い代行会社を選ぶコツですが、実際にその代行会社を利用された方のレビューや口コミなどを参考にするのがおすすめです。
当然のことではありますが「対応が悪い」「繋がらない」といった良くない評価が目立つ代行会社は、避けるのが良いでしょう。 また、実際に電話をかけてサービス内容を確認してみるのも有効です。

返金サービスを実施している

評価が良い代行会社でも、実際に利用してみなければ分からない部分もあります。だからと言って、すぐに本契約をしてしまうと、サービスに満足出来なかった場合、解約に費用がかかってしまうこともあります。
そこで、返金サービスや無料お試し期間を設けている代行会社を選ぶことをおすすめします。
これらのサービスが実施されていれば、万が一、満足出来ない場合でも代行会社へ支払う費用を最小限にとどめることが出来ます。

満足度98%以上!おすすめの電話代行会社とは?

実際に利用された方の満足度が98%と高い人気の電話代行会社CUBEは、定期的に実施されるハイレベルな社内研修により培われた、対応力の高いオペレーターが充実したサービスを提供しています。
また、料金やオプションの設定も明確で分かりやすく、コール数やサービス内容に合わせて月額1万円台から申し込むことが出来ます。
さらに、利用から1か月以内にサービスに満足出来なかった場合には全額返金サービスを実施しているので、初めて代行会社を選ぶ方も安心して利用できます。

ページの先頭へ