申し込みから契約までの流れ

電話代行サービスを依頼するときの、問い合わせから申し込み、契約までの流れを紹介しましょう。比較的簡単な手続きで契約できますから、代行会社へ気軽に問い合わせてみてください。

電話代行会社との契約方法

多くの代行会社では、これから紹介するような流れで契約が行なわれます。

メールや電話で問い合わせる

代行会社のホームページでプランなどを確認し、メールや電話で問い合わせます。資料や見積もりなどを送付してもらい、内容を検討します。資料と一緒に会社の業務内容などの情報を記入する書類を送ってもらうこともあります。

会社情報や個人情報を添えて申し込む

電話やメールで契約内容の相談を行い、利用するプランやオプションサービスなどを決定したら、契約書類に会社情報、個人情報を記入して提出します。

入会審査

代行会社は、希望のプランや会社の業務内容などを検討し、契約審査を行います。個人事業主の場合なども、同様に行います。

契約

審査が完了したら、正式に契約を行い、業務開始日を決定します。サービスのスタート前に、転送先の電話番号、メールアドレスなどを確認し、実際に送信できるかをテストします。

サービス開始

実際に業務をスタートします。開始日から計算して初回の支払金額などを計算します。

契約の際に必要な書類・手続きなど

法人で契約する場合と、個人事業主が契約する場合とで、それぞれ契約に必要な書類があります。これらの書類は、代行会社へ持参する必要はなく、郵送で契約できるケースがほとんど。ただし、やりとりに時間がかかることもあるので、業務開始日まで余裕を持って契約を行うようにしましょう。契約に必要な書類は、以下を参考にしてください。

法人契約の場合

  • 登記簿謄本
  • 印鑑証明
  • 電話代行を担当する社員の身分証明 など

個人事業主が契約する場合

  • 契約者の身分証明
  • 印鑑証明
  • 住民票
※このサイトは、2016年4月時点の情報を個人がまとめたサイトです。
 最新の情報などは、各業者の公式ホームページをご確認ください。
  • 会社に合った電話代行プラン
  • 会社のイマから選ぶ電話代行業者
  • 6つのポイント
  • 電話代行サービスを徹底比較